独学で行政書士になる方法|イカした資格を活かす

案内

独学で勉強する

ペン

行政書士になりたいと考えている人の中で、独学で試験に合格したいと考えている人は、行政書士になるための勉強方法や合格するまでのノウハウを習得する必要があります。成功者の体験をもとに行政書士を目指しましょう。

保育士を目指す

勉強

保育士になりたい人は、保育士の資格取得が目指せる大学や専門学校に通うことが適切です。通信講座などで学ぶと実習やピアノ練習ができないといった注意点があります。学校に通い即戦力を身につけましょう。

幼稚園の先生になる

ペン

幼稚園教諭になりたいと考えている人は、大学選びからしっかりと行なう必要があります。幼稚園によっては一流大学を卒業した幼稚園教諭のみ採用しているところもあります。自分に適した大学を卒業し、適切な幼稚園で働きましょう。

資格を取るメリット

一から心理カウンセラーの知識を身につけたい人は講義を利用するのがおすすめです。子育てや教育にも活かすことができますよ。

勉強

行政書士や保育士、幼稚園教諭などになりたいと考えている人は、これらの資格が取得できる専門学校や大学に通う必要があります。また、大学や専門学校によって同じ資格が取得できても、学べる内容が異なるため、自分に適した学校に通うことが大切です。その上、学費にも大きな差が出るので、学費を考慮した上で学校を選びましょう。短い期間で資格取得を目指したい人は、短大や専門学校が適切です。ちなみに、行政書士を独学で目指し、見事合格した人も少なくありません。勉強を開始するまでは法律について一切知らなかったという人も勉強方法を工夫するだけで、短い期間で行政書士になることができるのです。そのためには、過酷な勉強量と集中力、強いメンタルが必要になります。合格者の体験談や独学の勉強方法などを参考にして、自分に適した勉強方法で合格を目指しましょう。

資格の中には、学校を卒業することで資格が取れるものと、試験を受けて合格した者のみが資格を取得できるものがあります。前者の場合は、その分野のことが学べる指定学校で知識や技術を学び、卒業することができれば自動的に資格が取得できます。後者は、知識や技術を充分習得した上で、さらに試験を受ける必要があるのです。資格によっては試験を受けるために制限が設けられている場合があるので注意しましょう。受験資格は学歴や年齢、さらには最低限習得していなければいけない知識や技術などもあります。自分が受験資格を満たしているか検討し、試験合格を目指しましょう。将来、やりたい仕事が決まっている人や、現在転職を考えている人は資格を取得するとより将来の選択肢が広がるといえます。