独学で行政書士になる方法|イカした資格を活かす

案内

独学で勉強する

ペン

独学で行政書士になる夢を叶えた人は少なくありません。中には、勉強を始めるまで法律について一切知らなかったにも関わらず行政書士の試験に受かった人もいます。独学で行政書士を目指したいと考えている人は、まずは成功者の話を聞き自分にも適した勉強スタイルを学びましょう。行政書士になるには、法律に関するさまざまな知識を身に付ける必要があります。学校や予備校などに通い、行政書士を目指している人の中には、合格までに数年もの月日を費やしている人もいます。そのため、独学でも行政書士試験合格は過酷な道だといえ、人によっては途中で挫折してしまう可能性もあります。確実に成功させるには自分自身のメンタルだけが頼りだといえるので、絶対に合格するという強い信念を持ち、勉強に励みましょう。

行政書士試験対策を独学で行なう場合、過去のテキストを繰り返し復習すると適切です。何度もテキストで勉強し、さらに過去数年に渡る量のテキストや問題集を解くと試験に備えることができます。また、行政書士に独学でなれた人の中には、その体験や自身が行なった勉強方法などをブログやホームページにまとめている人もいます。そのような人の体験談や勉強方法を参考に勉強を行なうと、より効率よく独学での夢をかなえることができます。また、試験までの期間を短く決め、勉強プランをしっかりと立てることが大切です。過去問を入念に解く期間やテキストを読み込む期間などを定め、自分に適した勉強方法で、効率よく行政書士に関する知識を身につけることが大切です。仲間を見つけると、行政書士になる夢を支えあうことができるので、メンタルを強く保つことができます。