独学で行政書士になる方法|イカした資格を活かす

案内

保育士を目指す

勉強

将来保育士として働きたいと考えている人は、保育士の資格を取得する必要があります。そのためには、大学や保育の専門学校などを卒業することが大切です。保育士の資格は、保育について学べる大学や専門学校を卒業したらもらうことができます。大学か専門学校か、自分に適した学校を選び保育士を目指しましょう。保育士はかつて保母さんの愛称で親しまれてきました。しかし、近年では男性の資格取得者が増えていることから、どちらのことも指す保育士が一般的に使われるようになったのです。男性保育士は力仕事などに役立つため、どの保育園でも重宝されています。そのため、保育士に転職する男性もめずらしくありません。保育士の資格を取得しておけば、女性は産休や育休をとったあとも職場復帰が望めます。また、保育士の仕事は年齢に左右されることなく働き続けることができるので、人気の高い資格なのです。

保育士になるために資格をとりたい人は、まずは保育の学校を選びましょう。通信講座などで保育士を目指すことも可能ですが、就職活動で不利な点が多々あります。まずひとつめが、実践力に欠けているということです。実践力とは、実際に保育園で実習などを行ない園児との触れ合いのことです。大学や専門学校なら教育実習などで保育園に出向き、そこで実際に園児と関わることができます。通信講座の場合、実習ができないため、即戦力の面で選考される場合があります。そのようなことがないようにアルバイトなどをして実際に保育園で働くと適切です。次に、ピアノ実習などが行なえないということが通信講座の問題点です。保育士はピアノが弾ける必要があるので、実際にピアノ演奏ができるようになっておく必要があります。通信講座や独学では不安がある人は、専門学校や大学に通いましょう。